経済分析センター
受託調査のご案内へ 調査実績 モニタの方へ 会社概要 サイトマップへ トップページへ
  くらしすとの部屋
「くらしすと」レポート
肌と化粧品について考える
健康な食生活を考える
□■健康な食生活を考える■□
生活の中に、サプリメントを取り入れることについて、あなたはどう考えますか?
 
20代既婚 まだ商品化されてから日が浅いものなので、10年後、20年後に身体に悪影響を及ぼしていたことが明らかになるなんて事がないのかと不安です。出来るだけバランスの良い食事を摂ることを心がけ、サプリメントに頼らないようにしたい。
30代既婚   どの程度の食生活のときに、サプリメントが補完する役割を担うのか、どのタイミングで、どの量飲むとよいか、広告やCMではわかりづらい。それがわかると利用しやすいのかも。
30代未婚   サプリメントを食事代わりとするのであれば、専門家によるアドバイスや適切に使用していくための情報提供が必要不可欠であると思う。利便性の追求ばかりではなくリスクに関しても専門的な見解が欲しい。また、“食事”栄養補給だけではないので、他の役割についても考えてみる機会であると思う。
30代既婚   病気というほどでもない軽い日常生活上の不快な症状をサプリメントで除去できるならば、副作用がないことが確認できれば取り入れてみたいと思う。
30代未婚   健康的な食生活を送るための1つの方法だと思うので、抵抗のない人は積極的に取り入れると良いと思います。
30代既婚   まだそれ程、健康面での不安がないので、どちらかというと美容目的で利用したいとは思っています。ただ、効能が客観的に明らかなものが少ないので、高額なものを買ってまでとは思いません。
30代既婚   必要な成分を含むサプリメントを選ぶときに、適切な選択ができているか、少々不安になることもある。(他に含まれている成分のこと。その成分がどのくらい自分に必要か) より良い摂取法など、薬局でじっくり話せる環境がほしい。
30代未婚   効果を実感しにくいため、ついいろいろなサプリメントに気移りして、1つのもので長続きしにくい。(だから効果が出ないのかもしれないが)
30代既婚   利用する際に、過剰摂取などデメリット情報もきちんと調べたい。しかし企業に問い合わせても、「食品だからいくら摂取しても問題はない」などという場合が多く、調べる窓口がない。
40代未婚   ある意味の贅沢。経済的余裕が無ければ購入できない。健康も経済力次第というところに抵抗感を持ったことがある。
40代既婚   通販でサプリメントを購入しているのですが、毎月一緒に送られてくるパンフレットを読んでいると次第に洗脳されて、買う商品が増えてきそうなのがやや心配です。
40代既婚   サプリメント自体の客観的なデータ、とくに同種の成分を、メーカーごとに比較データがあると、選ぶ際に役立つ(たとえば、現在価格差があまりにも大きいので)
50代既婚   毎日の食事のバランスを意識しすぎては、逆にストレスになりかねない。たまには手抜きもしたいし、忙しい時は手軽にしたい。しかし、そんな時サプリメントで済ませると満足感が今ひとつなので、食事プラス不足した栄養分をサプリメントでという形で利用している。
50代既婚   サプリメントがまるで薬のような効果を持つように錯覚し、期待するのは問題がある。 食事と共にとるように気をつけるべきだと思う。成分のバランスを考えて摂取するようにしたい。
50代既婚   今のところ、自分自身が健康だからとくにサプリメントが必要だと感じません。しかし老化防止とか、ボケ防止とかのサプリメントがあれば取り入れたいと思う。
     
    【消費生活アドバイザーより寄せられた意見(134件)から一部抜粋】
 
ページトップへ
モニター募集
「くらしすと」の部屋
調査実績
産業動向
社会環境
生活行動
 
環境を考える
ユニバーサルデザインを考える
CSRを考える
 
 
株式会社 経済分析センター
お問い合せ
 
コピーライト