経済分析センター
受託調査のご案内へ 調査実績 モニタの方へ 会社概要 サイトマップへ トップページへ
  くらしすとの部屋
くらしすとレポート
肌と化粧品について考える
健康な食生活を考える
□■肌と化粧品について考える■□
基礎化粧品、あなたにとって必要ですか?また、基礎化粧品のどういう情報がほしいですか?
 
20代既婚 どういう症状が気になったら、何の成分が入っているものを選ぶとよいなどの詳しい情報が知りたい。できるだけ肌に負担がかからない成分は何かなども知りたい。
20代既婚   基礎化粧品を使った場合と使わなかった場合。又、正しい方法で使った場合と正しくない方法で使った場合に10年後20年後の自分の肌にどれほどの差が出てくるのかを知りたいです。また、基礎化粧品の商品の価格差は肌に与える効果にどれほど反映されるのか、又は反映されないのか知りたいです。
30代既婚   最近は時々通販の化粧品を使うが、通販の場合、自分の肌タイプおよび現在の肌状態を自分で判断するしかなく、せっかく肌タイプ別に何種類か用意できても活かしきれない。その点、百貨店などの対面販売だと安心感がある。肌タイプなどを自分で的確に判断できる情報があればと思う。
30代既婚   どんな成分が入っているか気になる。原価はいくらくらいか知りたい。
30代既婚   化粧品の全成分表示によって、いざトラブルが生じたときには、原因究明になってよいと思うが、専門知識がない購入の際、何を基準にして良いか分からなくなる。何のための成分かというような目的別表示をするのはどうだろうか。医薬部外品扱いの製品も、利用者に分かりやすい表示が望まれる。
30代既婚   使用感・価格の妥当性について、1年以上使用している人の意見を聞いたり、肌の写真の比較が雑誌等で特集されるととても参考になるが、あくまでマイナスの内容が乗っていないのが、他の記事内容の信憑性に欠けることにもなっている。
30代既婚   基礎化粧品は値段もピンからキリまであり、それとその化粧品の性能が比例するとは言いがたい。価格と性能が一目でわかる表があれば選びやすい。
30代既婚   メーカーによっても、また同じメーカーの中でもさまざまな種類の基礎化粧品があり、何を基準に選んでよいのか迷う。価格の高いものとそうでないものとの効果の違いも明確ではない。化粧品売り場などにメーカーの販売員ではなく、第3者として個人にあった情報を提供するアドバイザーや、商品テストの結果などがあると参考にあると思う。
40代未婚   基礎化粧品たとえば化粧水など使用感が悪いと使われなくなってしまうので、サンプル・サイズよりももう少し大きいサイズ(50mlぐらい)の製品を販売してほしい。(有料でOK)。そうすれば本当にその製品が肌に合うのかどうかが分かる。
40代既婚   これを使えばどういう効果があるか。実際の効果的使い方(つける順番など)についての情報。開封したら何日くらいで使い切るべきかという情報がほしい。
40代既婚   万能化粧品のような販売文句は提示しないでほしい。美白、しわ、しみ、ニキビ等各々の項目に、どれだけ適しているか、点数や量マークで現してほしい。
50代既婚   広告、特に化粧品の場合は肯定的な内容しか宣伝しない。例えば含まれるオイルの種類により、油焼け、酸化度、純度、品質を保てる期間などの比較を第三者機関によって行ってほしい。「たしかな目」のように。
50代既婚   肌にとって真に必要な成分は何か知りたい。長期間使用で高価な化粧品はそれなりの効果が期待できるのか。価格と必要成分のバランスはどうなのかなどを知りたい。
無 既婚   何が入っているか、何のために入れられているかを表記してほしい。今は成分が表示されるようになったが、素人にはぴんと来ないので、入れられている成分の効果等の説明や、何%添加されているかを表記してほしい。
     
  【消費生活アドバイザーより寄せられた意見(129件)から一部抜粋】
 
ページトップへ
モニター募集
「くらしすと」の部屋
調査実績
産業動向
社会環境
生活行動
 
環境を考える
ユニバーサルデザインを考える
CSRを考える
 
 
株式会社 経済分析センター
お問い合せ
 
コピーライト