経済分析センター
受託調査のご案内へ 調査実績 モニタの方へ 会社概要 サイトマップへ トップページへ
  欧州CSR調査
CSR報告書の目次
要約
   
序章 本調査研究の目的と概要
       
第1章 欧州地域におけるCSRの概況
  1.1 EUにおけるCSRの定義
  1.2 CSRの2つの側面
  1.3 CSR推進政策
  1.4 「CSRヨーロッパ」の担う役割
  1.5 中小企業への支援策
  用語解説
       
第2章 CSR取り組みのための多面的検討
  2.1 欧州のCSRから日本企業が学ぶこと
  2.2 オランダCSR動向がわが国に与える示唆
  2.3 ドイツにおける環境政策・社会政策とCSR
  2.4 日本の中小企業におけるCSR取り組みの必要性
  2.5 CSRにおける多様なステイクホルダーとの関わり
  2.6 CSRにおけるNGOとの関わり
       
第3章 欧州地域の現地事例調査報告
  3.1 現地調査概要
  3.2 訪問国におけるCSR政策の概要
    3.2.1 ドイツ
    3.2.2 オランダ
    3.2.3 デンマーク
  3.3 欧州現地調査報告
    (1)CSR推進企業
    3.3.1 Henkel(ドイツ)SRIから最高評価を受けたホームケア製品メーカー
    3.3.2 Miele(ドイツ)ユーザーの信頼を得ている家電メーカー
    3.3.3 Ecco(デンマーク)人にやさしい靴を追求するグローバル企業
    3.3.4 Danfoss(デンマーク)人権配慮が優れている空調機器メーカー
    3.3.5 Schmalz(ドイツ)環境・社会性に評価が高い真空機器メーカー
    3.3.6 Bersch und Fratscher(ドイツ)CSRと意識しないでCSRを実践する中小の塗装設備機器メーカー
    3.3.7 Peeze(オランダ)フェアトレードを実践するコーヒー焙煎メーカー
    3.3.8 Shimano Europe Holding(オランダ)ローコスト・モビリティを提案する日系自転車部品メーカー
    3.3.9 参考資料(ドイツ)中小企業(製造業)20社のCSR取り組み状況
    (2)CSR支援機関
    3.3.10 インタビュー:KPMGのGeorge C.Molenkamp氏を訪ねて
    3.3.11 MVO Nederland(オランダ)オランダ企業のCSRを牽引する支援機関
    3.3.12 MKB Nederland(オランダ)オランダの中小企業連盟
    3.3.13 Kamer Van Koophandel Utrecht(オランダ)中小企業の経営をサポートする商工会議所
    3.3.14 The Danish Institute of Human Rights(デンマーク)ビジネスにおける人権配慮を支援する研究機関
    (3)CSR評価機関
    3.3.15 Scoris(ドイツ)SRI評価機関
       
第4章 調査結果の考察
  4.1 現地調査による8要件の考察
  4.2 現地調査結果の特徴
  4.3 現地調査結果の特徴からみえる共通点
       
第5章 日本のモノづくり企業におけるCSR導入・活用の示唆
  5.1 CSR導入・活用にむけて
    5.1.1 欧州のCSR取り組みから学べること
    5.1.2 企業の培ってきた強みを活かす新たな仕掛け
    5.1.3 企業のCSR取り組みに必要な支援体制の整備
    5.1.4 地域市民との共生から新たな企業価値創出へ
  5.2 中小モノづくり企業がCSRに取り組むためのヒント
  5.3 さいごに
  ページトップへ
  CSRを考えるへ
CSR考察
欧州CSR調査
CSR報告書の目次
CSRの自己診断チェック
CSR関連用語集
   
お問い合せ
 
環境を考える
ユニバーサルデザインを考える
CSRを考える
 
 
株式会社 経済分析センター
お問い合せ
 
コピーライト