経済分析センター
受託調査のご案内へ 調査実績 モニタの方へ 会社概要 サイトマップへ トップページへ
  会社概要
21世紀の暮らしをみつめ、生活者の声を企業につないでいこう
(株)経済分析センターは、消費者サイドに立脚した視点から、社会環境や、市場動向、生活行動などの研究、調査活動を続けています。21世紀に入り、社会はサステイナブルな発展をキーワードに、ダイナミズムに躍動しはじめました。その動きの中で、生活者の意識や行動も大きく変わりつつあります。経済分析センターでは,<生活者の声を企業へ!>をキー・コンセプトに,消費者と企業・行政をつなぎ、より良い共生関係をめざして、これからも調査・研究を続けようと考えます。
□■会社概要■□
名称 株式会社 経済分析センター
(Center for Economic Analysis)
所在地 (連絡事務所) 〒183-0012 東京都府中市押立町1-14-1-2-210
 
設立年月日 1981年6月30日  
資本金 1981年6月設立時  1,000,000円
  1985年5月増資  4,000,000円
  1991年5月増資 10,000,000円
取引銀行 東京三菱銀行 国分寺支店
役員    
代表取締役 大矢野由美子  
監査役 佐藤泰久 公認会計士
研究員    
主席研究員 大矢野由美子 消費生活アドバイザー
主任研究員 大矢野修 龍谷大学政策学部教授
主任研究員 角田季美枝 千葉大学 非常勤講師ほか
研究員 大矢野太郎  
 ■組織
組織図
登録モニターを中心にアンケート調査や商品モニタリングを実施。調査受託
社会性の高い問題を探るべく、各種意識調査、生活実態調査を実施。調査受託
日本参入を希望する海外企業の、日本市場・製品評価等の調査受託
 ■スタッフ
経済分析センターのスタッフは、消費生活アドバイザーが中心になって活動しています。消費生活アドバイザーとは、行政・企業と消費者をつなぐフィルター役です。
□■プロフィール 代表取締役・主席研究員:大矢野由美子■□
(1) プロフィール
  消費生活アドバイザー
  (財)国民経済研究協会 研究補助員(昭和59年〜昭和62年)
  (財)製品輸入促進協会 調査研究員(昭和62年〜平成5年)
  (株)経済分析センター 主任研究員(平成5年〜平成11年)
  (株)経済分析センター 代表取締役:(現)
  (公社)日本消費生活アドバイザーコンサルタント協会環境委員会副委員長:(現)
  グリーン購入ネットワークガイドライン改訂タスクグループ委員(コピー・プリンター、パソコン)
  (財)日本環境協会・エコマーク基準制定・プリンターWG委員
  経済統計分野講師:早稲田大学エクステンションセンター、(財)川崎市中小企業・婦人会館、企業内研修(NTT、日本ビクター、NEC等)講師
  経済産業省商務情報政策局「「情報家電の市場化戦略に関する研究会」基本戦略WG委員(2002年9月〜)
  日本女子大学家政学部通信教育課程/リカレント教育課程 非常勤講師:(現)
  環境省カーボン・オフセット制度監督委員会事務局(現)
  京都市市民活動総合センター・センター長/きょうとNPOセンター理事:(現)
     
(2)講演・委員会等
  パブリックリソースセンター:国際フォーラム「CSRとステイクホルダーコミュニケーション」パネリスト出演
  NPO法人ユニバーサルデザイン生活者ネットワーク設立3周年記念シンポジウム「“つなぎ手”NPOと企業とのコラボレーション実践報告」パネリスト出演
  日本ボランティア学会「共生の社会技術:経験知から問題解決技術へ」パネリスト出演
  国民生活センター:くらしの情報交流プラザ記念シンポジウム「くらしの安心をともに築く」パネリスト出演
  明治大学経営学部公開講座「企業と社会−企業の社会的責任のこれからを問う−」講演
  東芝2005 CSRステイクホルダーダイアログ出席
  朝日ニュースター・よみがえれニッポン『ニッポンのUDはどこまで来たか?』出演
  日本規格協会名古屋支部CSR研究会「NPO/市民の視点から見たCSR」講演:2007
  住友林業「環境社会報告書2007」特集:社外有識者コメント
  凸版印刷「CSRレポート2007」特集:ステイクホルダーミーティング
  NTTドコモグループ「CSR報告書2007」第三者意見書
     
(3)著作・論文
  「消費生活アドバイザー受験合格対策」編著:丸善株式会社
  「消費者のための環境報告書とは?」―持続可能な社会に向けたパートナーシップのツール―:リサイクル文化(季刊)No.65
  「欧州地域の『企業の社会的責任(CSR)』動向調査」報告書:(財)機械振興協会経済研究所(経産省補助金事業)2006年3月
  「消費者市民社会と現代家政学〜生産消費者教育の可能性〜(共同執筆)」:東京家政学院大学紀要 第49号 2009年8月
  「サスティナブルなコーヒーを探しに行こう〜グアテマラ・コーヒー紀行〜(前・後編)」:(社)洗濯科学協会(洗濯の科学) 2012年5,8月号
 
ページトップへ
 
環境を考える
ユニバーサルデザインを考える
CSRを考える
 
 
株式会社 経済分析センター
お問い合せ
コピーライト